HOME >  コンビニ経営成功の秘訣 >  儲かるコンビニの条件とは

儲かるコンビニの条件とは

コンビニはブランド力があるため、店の看板さえあれば消費者は安心して足を運んでくれます。そのため、集客の手間が少なく、利益をあげやすいのです。ただし、これはどのチェーン店でも同じこと。数あるコンビニの中から選ばれるお店には、必ず理由があります。

選ばれるコンビニの条件=ブランド力+立地力+商売力

いったい、どのようなお店なら人々が足を運んでくれるのでしょうか…?
某マーケティング会社が「選ばれるコンビニの条件」について調査をしたところ、次のような回答がありました。

■コンビニをよく利用する理由

  1. 近所だから
  2. オリジナル商品がおいしい
  3. 駐車場がある
  4. 品揃えが豊富
  5. 店員の態度が良い
  6. 清潔である
  7. 信頼性がある
  8. こだわりの商品が多い
  9. 商品の陳列が良い
  10. 品質が良い

つまり、コンビニが成功するポイントとしては、チェーン店の知名度やブランド力と、立地力、オーナーの商売力が備わっているかどうかなのです。

特にオリジナル商品のブランド力は重要なポイント。コンビニで扱う商品には、他のチェーン店のコンビニでもスーパーでも売っている商品がありますし、そういった商品は値段設定が高い場合がほとんどです。

しかし、オリジナル商品であれば比較されることはないし、その商品のファンになってもらえればリピートにも繋がります。最大のメリットとしては一般商品に比べて利益率が高いということです。現に、業界大手のチェーンでは全体売上の52%がオリジナル商品という数値も出ています。

成功の条件を備えたコンビニチェーンのランキングを公開中!

おにぎりやお弁当はリピート対策のカギ?

お客さんに「また来よう」と思ってもらう為にはどうしたら良いのでしょうか?

気持ちの良い接客や清潔な店内作りは前提にありますが、やはり商品ラインナップがリピート対策の重要なカギといえます。

一般的に「消費期限の短い商品を扱うほど来店頻度が高くなる」と言われています。つまり、お弁当やおにぎりなどの商品はリピート対策に絶好の商品なのです。売れ残ると廃棄ロスになるという心配もありますが、高い集客効果を得ることができます。オリジナルのお弁当や、ファストフードが評判のコンビニは経営が有利に展開できるのです。

自分の右腕を育てることが成功への近道

では、コンビニ経営で成功させる為にはどうしたら良いのでしょうか。初めての経営に張り切る気持ちは分かりますが、まずは右腕となる従業員を育てることが第一です。

人件費削減の為にシフトに入りすぎた結果、事業意欲が下がり日販も下がってしまう…いわゆる悪循環に陥るオーナーの話をよく聞きます。1人が頑張ったところで削れる経費はたかが知れています。

それに、体調を崩してしまっては本末転倒。経営を成功させる人は「人を育てる」ことに長けていて、自分の経営理念を従業員に伝え、自分が居なくても組織がまわるよう、意識的に動いています。

収益は労働時間とは比例しません。このことをキモに命じて人材育成に励んで下さいね。