HOME >  コンビニフランチャイズを徹底比較 >  サークルKサンクス FC

サークルKサンクス FC

「サークルK」と「サンクス」が合併して誕生したのが「サークルKサンクス」。それぞれのメリットを活かしたブランドの統合と新たなオリジナルブランドの開発に取り組んでいます。

低ロイヤリティが特徴のサークルKサンクス

サークルKサンクスで起業するメリットとしては業界トップクラスの低ロイヤリティが挙げられます。特にSAタイプでのロイヤリティは売上総利益が上がるほどロイヤリティが低くなります。これは業界でも珍しいタイプです。しかし、開業後5年経過するとタイプアップ料が発生するので注意が必要です。

サポート体制としては、店舗運営、人材育成、商品戦略、店舗総合情報システムなどあらゆる側面で、アドバイスをしてもらえる「スーパーバイザー」がいます。スーパーバイザーは、売場づくりや商品の演出方法、発注においてのアドバイスをはじめ、地域イベント、競争店の品揃え状況などの情報提供に至るまで、幅広く支援してくれるのが特徴。

スタッフ育成研修では、スタッフのレベルを4段階に分けて、売り場責任者の育成やオーナーの補佐役として運営に参画できる人材の育成を行っています。

また、毎年春には加盟店向けのセミナーを開いており、新商品や売れ筋商品の共有や、店舗の情報システムの活用方法や競合店施策まで知ることができます。

そのほか、毎月発行される加盟店情報誌では、実践に役立つ運営情報などが記載されています。

地産地消商品で他チェーンと差別化

独自性を高めるための商品としてはデザート、パスタ、パンの3大ブランドを中心にオリジナル商品に力を入れているほか、地域独自の味や食材を活かした「地産地消商品」の導入を進めているなど、商品ラインナップの強化をしています。

また、店頭メディア端末「カルワザステーション」では多彩なコンテンツを投入して、新たなサービス展開もしています。

大手コンビニチェーンのフランチャイズをこちらで比較しています。

サークルKサンクスのフランチャイズ契約条件

契約形態 SA2タイプ オーナーが土地・建物を用意して経営するタイプ
SC2タイプ 土地・建物を本部が用意するタイプ
加盟条件 20歳以上65歳以下の人。夫婦など2人で専念できる人。24時間営業ができる人。開業資金を用意できる人。酒免許取得可能な法人。
加盟金
(成約預託金)
300万円(全タイプ共通)
(開業準備手数料100万円、教育研修費30万円、加盟金50万円、商品買取代金の一部120万円)
※上記金額は税別になります。
ロイヤリティ SA2タイプ 600万円未満:30%、600万円~750万円未満:19%、750万円以上:14%
SC2タイプ 240万円未満:37%、240万円~340万円未満:57%、340万円以上:62%
契約期間 10年間
水道光熱費負担 オーナー負担
最低保証 SA2タイプ 年間総収入2300万円≦(1900万円+売上×6%)≦2700万円
SC2タイプ 年間総収入2000万円≦(1400万円+売上×6%)≦2200万円